« 前線が通過中ですが、今朝もスモール。 | トップページ | 今朝もウネリは弱くテイクオフのみ。 »

2010年10月15日 (金)

『R210 Carbon Matrix 』の制作工程を大公開!!

ボードのフレックス性能と強度を複合させた大人気モデル『R210-Composite Carbon Matrix』!!カリフォルニアの天才シェーパー"Rick Rockリックロック”が独自に開発したボード製法は従来のボードの2〜3倍の強度を持ち、ボードの柔軟性に優れ、カーボンをボトムに均等に張ることでボード全体にバランス良く力が伝わり爆発的なターンの伸びを実現させる!!今回はボードの素材を徹底分析します!!Carbon_matrix1_2

ボードの素となるEPSフォームの上に”PUホワイトシート”をデッキとボトムに貼付けます。下の写真がそのシートです。
Dsc_4928 PUホワイトシートは柔軟性能に優れていてターン時にボードがしなり、安定性とターンの伸びを与える効果があります。従来のモールドボードのウィークポイントであったボード全体が硬く”ターンが伸びない””しなやかでスムースなターンが出来ない”ことをPUホワイトシートは完全にクリアーにしました。”PUホワイトシート”は画期的な新素材といえます。
Dsc_4929
ボードの強度を調べるテストをしました。PUホワイトシートを指で挟みシートを力強くつぶしてみました。Dsc_4934
シートを確認すると、、、ほとんど凹みが見られませんでした。1年間使用してもデッキの凹みは少ししか出来ないという結果が出ました!!ホワイトシートの強度は従来のボードの2〜3倍もあります。柔軟性がありながら強度にも優れていることに驚きます!!

それでは、カリフォルニアから送られて来た”R210-Composite Carbon Matrix”の制作工程の映像を初公開します!!すべての工程は100%ハンドメイドで作られ、制作工程は従来のボードの3〜4倍の手間と時間が掛かります。シェーパーRick Rockの丁寧な仕事ぶりと手際の良さをご覧下さい!!

>>>『R210-Composite Carbon Matrix』のマテリアルの詳細はこちらをご覧下さい>>>

|

« 前線が通過中ですが、今朝もスモール。 | トップページ | 今朝もウネリは弱くテイクオフのみ。 »